沖縄の植物

ヒカンザクラ(カンヒザクラ)

沖縄のサクラの特長
沖縄の桜は緋寒桜(ヒカンザクラ)と言い、梅のような濃い色が特長でこの花の色から名前が付けられました。もう一つ呼び名がありまして、寒緋桜(カンヒザクラ)とも言います。ヒカンザクラの花の特長は色の他にもう一つありまして花が下に向かって咲きます。

開花時期は1月〜2月
開花はとても早く1月〜2月です。沖縄で桜を一足先に楽しみたいのであれば、1月〜2月の桜のイベントに合わせてお越しください。沖縄は暖いから桜の開花が早いと思われる方も多いと思いますが、それは半分あたりですが半分ハズレです。その理由は以下で説明しています。

咲くのは寒いところから
ヒカンザクラは一度冷えないと開花しないので、沖縄県内では沖縄本島北部の山での開花が最も早く、順に南へと桜前線は下がっていくのが特長です。

沖縄での楽しみ方
沖縄では寒い時期に咲くので、本州の様に春の到来を楽しむ行事にはなっておらず、桜の下でゴザを引いて花見を楽しむ事はしません。桜を眺めながら歩いたり、近くの露店などを覗いて楽しむのが一般的です。